×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アドミラル・ヒッパー級(CA)('03.2.12)

Admiral Hipper
 
  
「(C)2002 SD EnterNET/SUCCESS/GAMESPACE24」

やはり「Z計画」基づきにより建造された「アドミラル・ヒッパー」 Admiral Hipper 級3隻。3番艦「プリンツ・オイゲン」Rinz Eugen は別に「プリンツ・オイゲン」級とも呼ばれる。「Z計画」では重巡5隻が計画され「アドミラル・ヒッパー」級2隻、「プリンツ・オイゲン」級3隻が計画されたが、「プリンツ・オイゲン」級の2,3番艦は竣工しなかった。
ベルサイユ条約破棄後、ドイツ海軍はバランスの取れた航洋艦隊建設の一環として、いわゆる条約型巡洋艦に準じた8インチ砲塔搭載の巡洋艦の建造を開始した。その第一艦が「アドミラル・ヒッパー」である。主砲塔は前後に配置した8インチ連装砲塔4基で当時の列国の重巡に比べて多くはないが、基準排水量は14,000tとなっている。これは「戦闘艦は自艦の持つ主砲の攻撃に耐える装甲を持つべきである。」と言う、海軍の常識を頑なに守って設計された結果であった。概してドイツ艦はこの法則に則って設計されている。
大きさは異なるが、シャルンホルスト級巡洋戦艦に酷似した端正なシルエットを持つ「アドミラル・ヒッパー」級。竣工時の艦首はアップライト・ステム(直立艦首)であったが、これは凌波性に問題があり、のちにシアを大きくする改良が施されている。また二番艦以降の艦首は竣工時より、「クリッパー・バウ」形状になっていた。

1番艦「アドミラル・ヒッパー」 Admiral Hipper
1939年4月就役、大戦前期はノルウェー攻略のほか、北海、北大西洋で行動し、末期には東部戦線からの撤退作戦に従事したが、1945年5月キールのドック内で英軍機の攻撃で大破した。航続距離があまり長くなく、機関部の故障も多かったといわれる。

2番艦「ブリュッヒャー」 Blucher
1939年9月就役した重巡の二番艦。ただし仮称艦名は本艦がGでヒッパーがHだったから、予算措置段階では本艦が一番艦だったかもしれない。1940年4月のウェーゼルユーブンク作戦の際、「リユッツォウ」などと共にオスロ攻略部隊に参加し、9日早朝、オスロフィヨルドの狭水道でノルウェー軍の砲撃により大破、さらに海岸からの雷撃を受けて、上陸部隊を多数乗せたまま沈没して、その短い一生を終えた。

3番艦「プリンツ・オイゲン」 Prinz Eugen
1940年8月就役の重巡三番艦で、かつドイツで完成した最後の巡洋艦。「アドミラル・ヒッパー」「ブリュッヒャー」に比べて船体寸法がやや大きくなっていた。一般配置はほぼ同じだが、中央部の航空儀装が改められ、カタパルトが前、格納庫が後ろと逆の配置になり舷側クレーンの配置換えに伴い中央の高角砲の射界が改善されている。
本艦はセレベルス作戦(いわゆるチャンネル・ダッシュ)直後、ノルウェーに移動したが、トロンヘイム港外で英潜水艦の雷撃を受けて艦尾を損傷、同年末復旧後は大戦末期の東部戦線退却支援を含めて、バルト海で行動した。戦後ほぼ無傷のままアメリカに引き渡され、1946年6月、戦艦「長門」と共にビキニ環礁の原爆実験に供されて損傷、クエゼリン環礁に移されたのち、翌年末座礁、沈没した。現在もなお現地でその姿を見ることが出来る。

「ザイドリッツ」 Seydlitz
「プリンツ・オイゲン」級二番艦として1937年起工、39年1月19日に進水したが完成直前で空母として改装される事となる。詳しくは後の「ザイドリッツ」のコーナーで・・・(思わせぶり?^^;)

「リウッツォウ」 Lutzow
「ザイドリッツ」と同じく1936年計画艦。39年7月1日進水したが、同年8月締結された独ソ不可侵条約に関連し、ドイツがソ連より購入した石油や小麦などの見返りの一部として、未完成のまま1940年に引き渡された。その後「タリン」Tallinと命名、さらに「ペトロハブロフスク」Peropavlovskと改名され、42年4月末、完成状態でドイツ軍機に爆撃されたが、浮上砲台として地上戦の支援をした。しかし結局完工に至らず、1950年スクラップ化されたらしい。

 

諸元

排水量
全長
最大幅
吃水
出力
速力
航続距離
兵装





艦載機
乗員

「アドミラル・ヒッパー」

基準12,500t 
205.9m
21.3m
5.8m
132,000馬力
32.5ノット

20.3センチ連装砲 4基(8門)
10.5センチ連装対空砲 6基(12門)
37mm連装対空機関銃 6基
20mm機銃 8挺 
53.3cm3連装魚雷発射管 4基

水上機 3機
1,600名

プリンツ・オイゲン

基準12,750t 
212.5m
21.9m
6.4m

32.0ノット

 

NFスペック クラス レベル 価格 耐久力 基準排水量 満載排水量 射撃管制装置 機関 偵察機 乗員数
アドミラル・ヒッパー CA 48 840,000 12,000 6,694 15,956 90 67
NFスペック 武装1 武装2 武装3 武装4 武装5 武装6 武装7 武装8 武装9 武装10
アドミラル・ヒッパー 143 143 45 45 45 45 45 45 143 143

 

 ドイツド イ ツ 

  copyleft 2003 yukikaze