×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「SP級」(CL) ('03.1.24)

「SP級」は1941年、駆逐艦「Z40〜Z42」を哨戒巡洋艦「SP1〜SP3」に改められた。もともと15センチ砲を搭載し、軽巡並の打撃力を備えたドイツ駆逐艦は、設計に無理があった。「SP級」もこれら駆逐艦を満足行くレベルにリファインした結果、軽巡洋艦になったが、元来は駆逐艦的造りをしている。予定された3隻のうち2隻は計画のみ、「SP1」も起工されたが竣工することはなかった。

「SP級」
 基準排水量/ 6,300 t 
 全長/ 169.0 m
 最大幅/ 16.0 m
 喫水/ 4.9 m
 速力/ 36.0ノット
 出力/ 10万2000馬力
 航続距離/ −
 兵装/ 15センチ連装砲3基
       8.8センチ連装高角砲1基
       20ミリ4連装機関砲3基
       53.3センチ5連装魚雷発射管2基
 乗員/ 520名

 

NFスペック クラス レベル 価格 耐久力 基準排水量 満載排水量 射撃管制装置 機関 偵察機 乗員数
SP CL 24 103,200 6,600 3,245 5,950 50 54
SP改 CL 26 103,200 6,800 4,512 7,737 53 45
NFスペック 武装1 武装2 武装3 武装4 武装5
SP 86 34 34 86 86
SP改 91 34 34 91 91

 

 ドイツド イ ツ

  copyleft 2003 yukikaze