×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ザイドリッツ(CV)('03.3.25)

「ザイドリッツ」は、プリンツオイゲン級重巡洋艦の2番艦であり、1936年にブレーメンで起工された。1939年1月19日には進水したが、他の「Z計画」艦船と同様、大戦勃発により工事中止となり、むなしく船体を遊ばせていた。これを「グラーフ・ツェッペリン」の工事再開と同時期に、航空母艦に改造するという計画が持ち上がった。すでに重巡洋艦としての工事は95%まで終わっていたので、艦上構造物を取り除いて、格納庫と飛行甲板を取り付けることになった。船体が小さいために格納庫は1段式で、搭載機はMe109T−1メッサーシュミット艦上型戦闘機 10機とJu87Eユンカース・スツーカ急降下爆撃機 10機の計20機にすぎなかった。飛行甲板は200mと、やや短かったが先端にカタパルト2基を装備していたため、発艦は容易だった。艦名を「ヴェゼル」と改められた「ザイドリッツ」の改造計画は1942年5月に始まり、実際に着工したのが同年12月というハイペースだった。しかし、1943年ヒトラーにより出された大型艦解体命令により工事は中止。連合軍の空爆をさけるためにケーニヒスベルグに退避した「ヴェゼル」だが、ケーニヒスベルグ陥落直前の45年1月29日に自沈してしまう。その後占領したソ連軍によって浮揚され、本国に回航された。これは40年にソ連に売られていたザイドリッツ級重巡洋艦「リュッツォー」を竣工させるための部品取り用であったが、結局「リュッツォー」は竣工せず、「ヴェゼル」は解体されてしまっている。

諸元

排水量
全長
最大幅
吃水
出力
速力
航続距離
兵装



艦載機
乗員

ザイドリッツ

基準17,139t
216.0m
21.8m
6.08m
132,000馬力
32ノット
19ノット時6,500海里
65口径10.5センチ連装対空砲 5基
37mm連装対空機関砲 5基
20mm4連装対空機関砲 6基

20機

 

NFスペック クラス レベル 価格 耐久力 基準排水量 満載排水量 射撃管制装置 機関 同時発艦数 乗員数
ザイドリッツ CV 55 2,744,000 13,000 16,433 25,500 30 65 5機(容積1900)
NFスペック 武装1 武装2 武装3 武装4 武装5
ザイドリッツ 37 37 37 37 37

 

 

 ドイツド イ ツ

  copyleft 2003 yukikaze