×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリーブランド級(CA) ('03.4.28)

Cleveland

「(C)2002 SD EnterNET/SUCCESS/GAMESPACE24」

1937年1月1日、ワシントン、ロンドン両条約失効を受けて、1940年から42年にかけて合計52隻が計画され、うち29隻が戦時中に完成し、単一クラスとしては最も多く建造された巡洋艦である。「ブルックリン」級の改正型で、主船体をほぼ同じ大きさだが、若干幅が広がり乾舷もわずか高くなり、艦橋もやや大型化され、後橋は艦橋とほぼ同じサイズまで大きくなったためより重厚なスタイルとなったが上構はコンパクトにまとめられ、全体として「バルチモア」級重巡に似たスマートなプロフィールを持っている。

復原性を高める為、攻撃力の減少を承知で主砲を15.2センチ3連装砲4基と減らした替わりに、対空兵装を12.7センチ連装砲6基とするなど強化している。

大戦終了直後に完成した2隻は、「オレゴン・シティ」級と同様、煙突を一本にまとめるなどした改良型で、就役1番艦名から「ファーゴ」級とも呼ばれる。一時大西洋、地中海で行動後太平洋に移動した2隻以外はすべて対日本戦に投入され、ソロモン諸島における消耗戦の時期に参加し、劣勢であったアメリカ海軍の救世主となった。なお、本級のうち9隻が軽空母「インディペンデンス」級として完成している。

同型艦一覧

諸元

排水量
全長
最大幅
吃水
出力
速力
航続距離
兵装




水偵
乗員

「クリーブランド級」

基準10,000t
186.0m
20.3m
6.1m
100,000馬力
33ノット
15ノット時11,000海里
15.2センチ3連装砲 4基
12.7センチ連装両用砲 6基
40mm4連装機銃 4基
40mm連装機銃 6基
20mm機銃 10基
4機
1,200名

 

NFスペック クラス レベル 価格 耐久力 基準排水量 満載排水量 射撃管制装置 機関 偵察機 乗員数
クリーブランド CL2 43 574,000 9,900 6,598 14,131 55 53
NFスペック 武装1 武装2 武装3 武装4 武装5 武装6 武装7 武装8 武装9 武装10
クリーブランド 135 135 66 66 66 66 66 66 135 135

 

 

アメリカ 

  copyleft 2003 yukikaze